カラコンの種類

カラコンの種類による違い

カラコンの種類による違い カラコンにはいろいろな種類がありますので、ブランドや色だけで選んでしまうと、目に合わない事があります。目の大きさや形、カーブは個人差があるので、自分の目に合ったカラコンを選ぶ事が大切です。カラコンの種類は違っても、高度管理医療機器である事には変わりありません。直接目に装着するデリケートな物ですから、勘違いや思い込みで間違った使い方をすれば、目に大きなダメージを与えてしまいます。

カラコンが高度管理医療機器である以上、製造や販売するにも許可が必要です。これは薬事法で決められた事ですから、日本国内で扱うカラコンは、いかなる場合でも例外はありません。カラコンの種類に関係なく、製造や販売には許可証が必要です。許可証なしにカラコンの製造や販売をするのは違法となります。

以前はカラコンを単なるおしゃれ雑貨として扱っていたので、製造にも販売にも許可は必要ありませんでした。まさにアクセサリー感覚で、どこでも売っていましたし、気軽に購入できました。しかし目に直接装着するというデリケートなカラコンの扱い方を知らない人が多く、勘違いや思い込みで間違った使い方をする人が多く、その結果眼障害が多発しました。中には深刻な目の病気にかかったり、視力が著しく低下したりというケースもあります。海外では失明に至ったケースもあるといいますから、カラコンを単なるおしゃれ雑貨として扱うのにはリスクが高すぎたのです。

この事態を重く受け止めた厚生労働省が、カラコンをコンタクトやメガネ同様に、高度管理医療機器に指定し、許可がないいと製造や販売ができなくなったのです。おしゃれ目的で使用する場合は、購入しづらくなったというデメリットはありますが、カラコンが高度管理医療機器に指定された事で、カラコンに対する意識が変わり、正しい使い方をする重要性も広く知れ渡っています。

しかし未だにカラコンを軽視して、間違った使い方をする人は少なくありません。間違った使い方により眼障害を起こすケースもありますし、深刻な症状が出るとカラコンができなくなってしまいます。いくらおしゃれ目的とはいえ、これではリスクが高すぎます。カラコンにはたくさんの種類がありますし、ネットでは海外のカラコンも簡単に購入できます。しかし安全性を考えた時、やはり国産で高度管理医療機器承認番号がある物の方が安心して使用できます。カラコンの種類を選ぶ時にはいくつかのポイントがあります。フォーチュンコンタクト

お知らせ

  • [2017年02月28日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月28日]
    運営者情報を追加しました。